「新日本歩く道紀行100選シリーズ」を通年で歩く人たちのクラブ「歩きんぐくらぶ」



地域を選択する

奥州街道白澤宿めぐりコース

宇都宮の北部河内の白沢地域は、江戸から明治にかけて奥州街道の宿場町でした。その歴史を今に伝える建物や文化が残り散策するにはぴったり。点在する神社には七福神が祀られているので、七福神めぐりも楽しめます。
番号:109002
◆コースの概要/距離:11km、所要時間:170分、高低差:-m 
◆コースの起点/地名:岡本駅、最寄駅:JR宇都宮線 岡本駅、最寄のバス停:-、最寄からの距離:0km 
◆コースの終点/地名:岡本駅、最寄駅:JR宇都宮線 岡本駅、最寄のバス停:-、最寄からの距離:0km 
◆コースの環境・設備/トイレ:有、休憩所:有、水・食料:有、ガイド等:有、看板・標識:無、安全対策:有、近隣の宿泊:無 
◆推奨季節/春・夏・秋・冬 
◆その他/- 
◆コースに関する問い合わせ先/宇都宮市観光交流課、電話番号:028-632-2437、宇都宮ウォーキング協会





起点 JR岡本駅
宇都宮市下岡本町にある、東日本旅客鉄道(JR 東日本)東北本線の駅
0.2km (10分)
1 ふれあい通り
高崎製紙専用線は岡本駅から高崎製紙日光工場(約4㎞)への専用線が存在していたが、その廃止後は遊歩道となっている。
3.7km (60分)
2 河内地域自治センター
旧河内町役場であり、地域の身近な行政機関。
0.6km (8分)
3 白澤宿
江戸から明治時代の景観を残している白澤宿。車道両脇には水路があり、水車が設けられている。
0.4km (7分)
4 白沢公園
農村における生態系保全と自然環境の復元を目標とした活動の拠点として設置され、とても緑豊かな公園。
6km (85分)
終点 JR岡本駅