ページトップ
  1. HOME
  2. 1000の道検索
  3. こくぶんじ恋のみち

こくぶんじ恋のみち

コース情報詳細

5km 【所要時間】110分 【高低差】20m

広大な武蔵野台地、国分寺崖線から湧き出る清らかな水、そして豊かな緑に囲まれた国分寺。奈良時代に武蔵国分寺が建立された地であり、国府(現府中市)とともに武蔵国の政治・文化の中心として栄えました。武蔵国分寺跡、国分寺薬師堂など、歴史を感じることができる史跡、名所を巡ることができます。また、お鷹の道、真姿の池湧水群、殿ヶ谷戸庭園など、都市化したまちでありながら、豊かな自然や水資源を目の当たりにすることができます。緑に抱かれ、悠久の歴史を感じ、思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

コースの概要
距離:5km 所要時間:110分 高低差:20m
コースの起点
地名:国分寺駅 最寄駅:JR中央線 国分寺駅 最寄駅からの距離:km 最寄のバス停: 最寄のバス停からの距離:km
コースの終点
地名:殿ヶ谷戸庭園 最寄駅:JR中央線 国分寺駅 最寄駅からの距離:km 最寄のバス停: 最寄のバス停からの距離:km
コースの環境・設備
トイレ:有 休憩所:有 水・食料:有 ガイド等:有 看板・標識:有 安全対策:有 近隣の宿泊:有
推奨季節
春・夏・秋・冬
その他
コースに関する問い合わせ先
国分寺市 政策部市政戦略室まちの魅力発信担当 電話番号:042-325-0111

S国分寺駅

JR中央線、西武国分寺線・多摩湖線の駅として多くの方々に利用されています。

0.4km 5分

C113006001日立中央研究所南側遊歩道

遊歩道には、ハナミズキの「ビューティーレッド」などよ市内産の樹木が植えられています。

0.5km 10分

C113006002姿見の池

鎌倉時代、恋ケ窪は宿場町として栄え、遊女達が池で、朝夕に自分達の姿を映して見ていたことから「姿見の池」と呼ばれるようになりました。「武蔵野夫人」(大岡昇平著)に登場したほか、野鳥が観察できるスポットとしても人気です。

0.2km 5分

C113006003酉国分寺駅

JR中央線、JR武蔵野線の駅として多くの方々に利用されています。

0.8km 10分

C113006004伝鎌倉街道

鎌倉時代に幕府所在地である鎌倉と各地を結ぶ主要道路の1つでした。この道は鎌倉道の「上道」と呼ばれ、上野(群馬県)、信濃(長野県)方面に向かっていました。現在、国分寺崖線を切り通した歩道から当時の雰囲気が感じられます。

0.2km 10分

C113006005市立黒鐘公園

武蔵国分尼寺跡と伝鎌聶街道に隣接した公園です。桜の季節には花見の名所として、多くの方が訪れます。園内には高低差のある地形を利用した遊具が豊富に設置され、子供に人気の公園です。

0.1km 5分

C113006006市立歴史公園 武蔵国分尼寺跡

武蔵国分尼寺は東山道武蔵路の西側に建立されていました。現在は史跡の保存整備が終わり、「日本の歴史公園100選」に選定されました。

0.2km 5分

C113006007国分寺市文化財資料展示室

市立第四中学校内にあり、同中学校内で出土した互、土器、鉄製品などを中心に展示しています。

0.8km 10分

C113006008武蔵国分寺跡、僧寺金堂、七重塔跡

天平13年(74D、聖武天皇が鎮護国家を祈念し、各地に国分寺と尼寺を建立するよう命じました。鎌倉時代末の「分倍河原の戦い」で焼失しましたが、武蔵国分寺跡は規模が大きく、歴史的にも重要なことから、国史跡に指定されています。

0.3km 5分

C113006009国分寺薬師堂

国分寺境内にあり、建武2年(1335)に新田義貞の寄進により、現在の僧寺金堂跡付近に建立されたものが、現在の場所に建て替えられました。

0.1km 5分

C113006010国分寺

鎌倉時代末の「分倍河原の戦い」で焼失した武蔵国分寺ですが、享保18年に本堂が再建され、現在の本堂は昭和62年に改築されたものです。

-km 5分

C113006011万葉植物園

国分寺前住職が、武蔵国分寺跡を訪れる方々が、奈良時代の文化や思想を理解しやすいように、国分寺が栄えた時代と同時期に編さんされた「万葉集」に歌われた約160種の植物を例歌とともに展示しています。

0.2km 5分

C113006012お鷹の道、真姿の池湧水群

848年、重い病に苦しんでいた絶世の美女・玉造小町は、「池で身を清めよ」との霊示を受けて快癒した。という伝承から「真姿の池」と呼ばれるようになりました。湧水群の清流沿いは、江戸時代のお鷹場に由来する「お鷹の道」でカラーの花が多い遊歩道です。「名水百選」に選定されています。

0.7km 10分

C113006013不動橋・石橋供養塔

野川に架かる不勤橋は、国分寺の元町用水と野川が合流するところにあり、昔は石橋でした。橋の北側に石橋供養塔と隣に更新等と不動明王碑があります。

0.5km 15分

G殿ケ谷戸庭園

国分寺崖線の南側斜面を利用し、湧水と植生を巧みに生かした回遊式林泉庭園。平成23年には、別荘庭園として多摩地域初の国名勝に指定されました。